Samantha : 木村カエラ : COOLON : COOLON : 木村カエラ写真集 Cheeky : 木村 カエラ :

一定期間更新がないため広告を表示しています

By スポンサードリンク | - | 2008年04月07日 | CM : 0 |
YUIの新曲が出るそうです(^ω^)

まだアルバムも出てないのにねー(^ω^)

まだいつでるかすらわからんらしーですねぇ(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)

タイトル「Understand」だって(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)


ギガントたのしみアガッシィ(^ω^)(^ω^)




Rie



By Rie | YUI | 2007年03月25日 18:07 | CM : 0 |
フェンダーのサイトより

***************************

2007年4月4日、YUI待望のセカンドアルバム・リリース決定
傑作「FROM ME TO YOU」発売直後から丸1年を制作に費やした、本作「CAN'T BUY MY LOVE」。目紛しく変化する環境の中で、YUIが思い描いた13の物語は、時に甘く、時に恐ろしいほどリアルである。そして、このアルバムは、楽しさだけで聴く者を「これでもか」と言う程、突き放す。「カンタンに譲れないモノ」全13話の物語が始まる。準備は良いか。

「CAN'T BUY MY LOVE」
私の愛するモノは カンタンには譲れない

「How crazy」。サーキャスティックな切口で発するHEAVY ROCKナンバー。全てが紙一重なギリギリのラインで溶合しており、贅沢な程、素晴らしい完成度。サビに使われたコーラスのアイデアには脱帽。YUIの原点が窺える。今作タイトルのアンサー・ソング。これぞROCKアンセム!名曲の誕生だ。YUIの洞察力は恐ろしい。シングル候補としても間違いないだろう。この曲は本当に「ヤバい」。
「Rolling star」新生YUIをイメージ付けたSLASH ROCKナンバー。今のYUIを余す事なく体感出来る。YUIが弾くTELECASTERのカッティング・サウンドが気分を盛上げる。
「It's all right」2曲続いたROCKナンバーの余韻を断切るPOP SONG。儚くも出会い、思い黄昏れる日々...。ミドルテンポの調べは取戻せない過去よりも、未来に向かって歩く事への「何か」を訴えかける。
「I remember you」ノスタルジックな雰囲気が心に響く名曲。雨音薫は、我々の心の中で、未だ力強く生きている。add9コードが涙を誘う。
「RUIDO」53秒のPUNK"YUI"SONG。夜な夜な訪れるライヴハウスでの運命的な出会いをPUNK BEATに乗せて淡々と歌い上げる。この舞台は、何を隠そう老舗ライヴハウス「RUIDO」である。最高にCOOLなPUNKナンバー。
「CHE.R.RY」前曲「RUIDO」とは変わってCUTEでSWEETなPOP SONG。この2曲の流れは、今作のハイライトとも言える聴きごたえ。夜のダークなイメージから春風が吹付ける陽だまりに身を託す日常。これが以外とリアル・ライフだったりするのである。
「Thank you My teens」今年20歳を迎えるYUIが、19年間の自分自身に贈ったバースデイ・ソング。POP色強いミディアム・テンポが心地よい。
「Umbrella」どことなく昭和歌謡を思い起こさせる今作において異端な仕上りになっている。この曲で注目すべき点は、文学少女でもあるYUIの歌詞。「Umbrella」を女性に例えるYUIは、詩人だ。
「Highway chance」歪んだサウンドに刺がある歌詞。聴けば聴く程、病み付きになる究極ROCKナンバー。「腐っちゃダメだよ」こんな歌詞、YUI以外では反則である。オープニング・トラック「How crazy」に通じる世界観。
「Happy Birthday to you you」この曲は、以前からYUIの構想にあった、ライヴ時にオーディエンスと一体になる為に作られたパーティー・ソングである。4つ打ちのドラムが最高にディスコティークなグルーヴを生み出している。ライヴ時での合唱に君も乗り遅れるな!
「Winding road」正統派YUI的ミディアム・ソング。この曲が一番安心して聴ける程、このアルバムは濃いと言う事。YUI自身の日常が垣間見れる歌詞も心をくすぐる。「歪ませてGuitar」など、ニヤッとしてしまう歌詞も魅力。多くのYUIファンが、フェイバリット・ソングにあげる事だろう。
「Good-bye days」2006年、あなたの記憶に刻まれた雨音薫。映画の為に書下ろされた楽曲であるが、誰もが経験する思いを滴らせた名曲である。この夏、向日葵の咲く下で聴きたい。
そして、最後の物語「WHY?」唯一言葉を持つ「人」。心があるが故に「人」は「人」に臆病になる。全13物語の最終話は、全ての源に回顧したアコースティック・ソング。次作へのミチシルベとなるのか...。


***************************

・・・ようするにアルバムの名前が「CAN'T BUY MY LOVE」
なんだね。(笑)

「How crazy」
「Rolling star」
「It's all right」
「I remember you」
「RUIDO」
「CHE.R.RY」
「Thank you My teens」
「Umbrella」
「Highway chance」
「Happy Birthday to you you」
「Winding road」
「Good-bye days」
「WHY?」

の全13曲。
見事に英語。

んー期待(^ω^)





Rie



By Rie | YUI | 2007年03月11日 18:05 | CM : 0 |
KAELA